低用量ピルの成分

低用量ピルの成分

低用量ピルは、経口避妊薬とも呼ばれている薬です。生理痛を抑えたり、生理不順を治すことができます。
また毎日服用することで避妊することもできる効果があります。

低用量ピルの成分は、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2種類の女性ホルモンです。

黄体ホルモンはエストロゲンとも呼ばれていて、女性を美しくする性質があります。そのため、ピルを飲むと肌ツヤが綺麗になったり、胸にハリがでる効果も認められています。

低用量ピルの成分2

もうひとつの卵胞ホルモンはプロゲステロンとも呼ばれていて、妊娠の際に大きく作用し、また保湿量を管理する作用があります。

低用量ピルを服用することで、この2つの女性ホルモン量をコントロールし、排卵を抑制したり、子宮内膜が厚くなるのを防いだりすることができるのです。

毎日自分が決めた時刻に1錠ずつ飲むことで、生理周期が一定となり生理痛が緩和されます。

その結果、生理トラブルが改善し、また妊娠を回避する事が出来るのです。