アフターピルの効果

アフターピルの効果

アフターピルの効果は、緊急時の避妊です。

  1. このページの内容
  2. アフターピルの作用とその仕組み
  3. アフターピルで避妊できる確率
  4. 72時間以上経過してしまったら
  5. アフターピル服用後の生理不順・生理周期の乱れ
  6. アフターピルの強い効果に因る副作用

妊娠するかもしれないという性行為の後に、なるべく早くアフターピルを服用することで80~99%の確率で避妊することができるのです。

  • コンドームが外れていた
  • コンドームが破れてしまった
  • ゴムをつけずに生の状態でエッチした
  • 不意に中出しされてしまった
  • レイプ・強姦などの被害で無理やり性交渉させられた

こういったシーンで望まない妊娠をしてしまう可能性があります。

なるべく急いで産婦人科に行き、アフターピルを処方してもらうか、念のため通販・個人輸入で買って常備しておくようにしましょう。

ただし、副作用が出たり一時的に生理不順になる場合があるため、あくまでも緊急の際の最終手段として服用するようにしてください。

アフターピルの作用とその仕組み

アフターピルの作用とその仕組み

アフターピルは妊娠を緊急で阻止する効果がありますが、そもそも妊娠とは、精子と卵子が受精して受精卵となり、その卵が着床することを言います。

つまり、アフターピルの緊急避妊効果は、この着床をおこなわせないようにすることを意味しています。

普通のピルよりも多量の女性ホルモンを摂取することによって、受精卵の着床を阻止し、子宮内膜をはがすことで妊娠させない仕組みとなっています。

アフターピルで避妊できる確率

アフターピルで避妊できる確率

アフターピルの避妊効果は、セックス後すぐに服用すれば99%以上とされています。72時間後になると約80%程度にまで下がります。

アフターピルはセックス後、早めに服用するのが最も効果的であり大事です。そのため、緊急の際にいつでもすぐ服用できるように、常備しておくと良いでしょう。

72時間以上経過してしまったら

72時間以上経過してしまったら

服用してから2日~3週間以内に不正出血が起きます。この出血が起きると、避妊に成功したサインになります。

もし3週間以上経過しても不正出血が起きない場合は、妊娠している可能性がありますので、検査薬や産婦人科で検査してもらいましょう。

アフターピル服用後の生理不順・生理周期の乱れ

アフターピル・アイピル

アフターピルを服用すると、ホルモンバランスが変化します。ホルモンバランスの変化により、一時的に生理周期が変化します。

排卵前や排卵期の服用は生理を早めることが多く、そのあと生理予定日にも再び生理になることがあります。つまり、同じ月に生理が2回来ることがありえます。逆に、体質によっては生理が遅れてくる場合もあります。

アフターピルの強い効果に因る副作用

アフターピル・アイピル

女性の体を守る最終手段として活躍するアフターピルですが、その強い効果に引き換えて副作用が出るときもあります。

低用量ピルとは違い、ホルモンバランスを急激に変える事で威力を発揮するので激しい嘔吐、人によっては発熱、生理痛に似たような下腹部の違和感を感じることもあるのです。

しかし、これらの症状は個人差はありますが1~2日で消えて通常のホルモンバランスが戻ってきます。

強制的に妊娠を防ぐ効果があるため、体に多少の負荷がかかり副作用が出ることがありますが、それでも妊娠してしまい、中絶手術をおこなうことよりは、身体への負担は少ないです。

避妊に失敗して妊娠したくない際は、必ずアフターピルを服用するようにしましょう。

  1. このページの内容
  2. アフターピルの作用とその仕組み
  3. アフターピルで避妊できる確率
  4. 72時間以上経過してしまったら
  5. アフターピル服用後の生理不順・生理周期の乱れ
  6. アフターピルの強い効果に因る副作用